糀フェスタin三田♪

日本糀協会「糀フェスタ Vol.1」

「三田発!有機野菜の基本を学ぶ勉強会」〜有機野菜の素朴な疑問を有機栽培農家さんに聞こう〜

清々しい晴天に恵まれた今日、三田市で有機栽培農家さん、「藤本ファーム」藤本さんご夫妻をお迎えしてのしてイベント♪

 

糀エヴアンジェリストで、オーガニックのお弁当、パン教室、販売「gorsh」をされてる武輪先生のアトリエで開催♪

家でも近郊の有機野菜、調味料など使ってますが、糀のお料理教室、講座をしている私達、エヴァンジェリストとしても、これは、知っておくべき!

開催が決まってから、お話を伺うのをとても楽しみにしていました♪

 

まず、有機というのは、「天地有機」、天地に機有りに由来する、自然の法則に基づいた栽培である

(機とは、人と出会う機会や、仕組みの事)

有機農家さんは、良い土をつくり、子供を育てるように、野菜を作られます。

土の作り方も、保田ぼかしという方法で、農薬等使わなくても、虫の来ない、野菜が元気に育つ土づくりです♪

 

次は、有機JASマーク,見たことありますか?

上の方についている、有機JASマークは登録認証機関の認証を取らないと使えないもの

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界のチカラで生産されたものにしか使えない、マークです♪

藤本さんのお野菜には、このマークしっかりついてます!

このマーク一つとっても、そこまで意識をすることもなく、ただ、何となくええんかなぁ、ぐらいだった私。

やはり、「知る」、ちゃんと知識を持つことが大事!だと思いました。

そして、自分で「選ぶ力」を持つことだと思います。

現状の食糧事情は、決してみんなにとって良いものだとは言えないけれど、時給率、わずか38%の国で、JAS認定の有機栽培農家が0.2%しかないという事態を、後世に続けて言い訳はなく、私達に出来る事は?

有機栽培が特別な事ではなく、当たり前のことになるように!

考えてみれば、安心して食べられないものを生産したり、販売したりって変な話ですよね。普通に購入するものが、安全、安心なものになるように、一消費者として、有機栽培に取り組んでらっしゃる農家さんのお野菜を購入して、応援したいと思います。

お店に行ったら、有機栽培認定マークのついてるお野菜、置いてないんですか?と聞いてみましょう♪

皆が聞けば、意識せざるを得ませんからね〜♪

すぐには変わらなくても、後世のため、出来る事の一つかな♪

   

お昼は武輪先生特性の糀オーガニックランチボックス♪

もちろん、藤本ファームさんのお野菜使用♪

もちろん、美味しい〜♪

 

今日のために、遠方から来られた方も♪ 塩こうじのワークショップもしました♪

 

藤本さんのお野菜販売も♪ 完売でした!

 

皆さんと記念すべき、第1回目のイベント撮影♪

新しくできた、糀協会のエプロンをつけて♪

短い時間でしたが、書ききれないぐらい、内容の濃いお話を聞けた事、美味しい糀ランチがいただけた事、みんな顔が素敵だった事、いいイベントになりました♪

ご参加くださった皆様、ありがとうございました♪

また、次回、お楽しみに♪

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です